「あるある」問題 「放送責任」忘れていないか?

印刷

   先週の火曜日(4月3日)の夜、フジテレビで「あるある大事典」の検証番組を放送していた。タイトルは「私たちは何を間違えたのか」。制作したのは関西テレビだ。

   「検証」というからにはどんな番組になるのかと注目していたが、「孫請け制作会社のAディレクターというのがでっちあげをした犯人で、それをサポートしていたのがBプロデューサーです」と言っただけの番組だった。

   見ていて腹が立った。このような番組を作ってしまったという「制作責任」について調査・検討しただけで、「放送責任」については何も触れられていなかったからだ。

   「あるある」を作ったのは関西テレビだけど、放送したのは全国のフジ系列の27局。その27局にも運命共同体的な責任があるはずなのだ。間違った内容の番組を放送したために、世の中をミスリードしてしまったという責任。その「放送責任」について、27局が知らんぷりをしているのが残念だ。

   この検証番組、始まったときの視聴率は10%くらいあったけれど、その後どんどん下がっていって、結局平均5.1%(関東地区)しかなかった。「見ても仕方ない番組だ」と視聴者はあっという間に見抜いてしまったんだろう。テレビ局がちゃんと視聴者を向いていない証拠だ。

   テレビ局のみなさん、放送責任を忘れていませんか?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中