2018年 7月 21日 (土)

「敵前逃亡です。火事場泥棒です」

印刷

   地方議員の駆け込み辞職が続発!テリー伊藤がいい放った。「敵前逃亡です。火事場泥棒ですよ。こういわれても文句いえますか」

   ある地方都市のケース。3月いっぱいで辞職すると年間260万円。4月以降だと210万円。「損得勘定するとトクなんです」

   ・・・つまりカネのために議員を辞める。この手合いが全国的に続出している。テリーの怒りは収まらない。

   「あんた、6期やったらしいが何してた。大した仕事をやってないのに。年金をもらえない若い人がこのテレビを見ているんですよ。国民だって納得すると思いますか」

   番組は'敵前逃亡'の22人にアンケート調査。すると「税金を支払ったり交際費がかかる」「死活問題です。それを理解してもらいたい」「モラルをとるか、自分の一生をとるかは悩みました」・・・一部ではあるが、これが'選良'の実態だと情けない。

   衆院議員の江田けんじは「ぼくらと違って、議会は年2回しかしない。それで孫の代まで支給される。地方議員の意識がねぇ」といいながら・・・「ぼくらはもらえない」。

   だったら国会で問題化すべきではないか。怒るのはテリー伊藤ばかりではない。国民全体だ。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中