「やけくそパフォーマンス」黒川紀章は面白かった

印刷

   日曜日の都知事選は、石原さんが予想どおり圧勝。おかげで選挙速報番組はまったく盛り上がらなかった。出口調査で8時に大勢がわかってしまうようでは仕方がない。

   選挙結果はあんなもんじゃないかという意外性のないものだったが、オレとしては黒川さんのパフォーマンスが面白かった。金に糸目をつけないでクルーザーで隅田川をさかのぼったり、ヘリをチャーターして伊豆諸島に行ったりした、あのやけくそ気味のパフォーマンス。いつもなら中松さんが占めているポジションを、今回は黒川さんが奪っていた。票は取れなかったけど、「本当にやりたいことをやりました」という感じで面白かったな。

   それにしても、いまだになぜ選挙に出たのかが分からない。本業で恵まれない恨みを晴らそうということだったのかもしれないが。

   今回の選挙を見ていて、「東京vs地方」という構図がますますはっきりしてきたなと思った。神奈川や千葉、埼玉も含めた広い意味での「東京」と地方の対決。そんな構図がいろんなところで鮮明になっている。

   そういう「東京vs地方」というくくりでいくと、浅野さんは田舎っぽさが抜け切らなくて、「地方の代表」と見られてしまったんじゃないかと思う。だから、「東京の代表」を決める都知事選では勝てなかった。

   東京って大きいんだな。そう実感した都知事選だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中