2018年 5月 28日 (月)

冒険心強くてパワフル「題名のない音楽会」

印刷

   テレビ朝日で日曜の朝9時から放送されている「題名のない音楽会」は、1960年代から長く続いている名物番組だ。長寿番組なんだけれど、冒険心が強くてさまざまなトライアルをしているのが気をそそる。

   この前は「常磐津はロックだ!」と題して、歌舞伎になくてはならない日本の伝統音楽「常磐津」でロックの曲を演奏してみせた。常磐津もロックも弦楽器と打楽器を主体とした音楽で、物語性のある歌詞をうたうから共通点がある、という発想だ。

   和楽器と洋楽器の融合ということで、常磐津とオーケストラがコラボ。最後は、クイーンの「We Will Rock You」と常磐津の名曲「将門」を続けて演奏するという大胆な企画にチャレンジしていて、面白かった。

   番組のプロデューサーは鬼久保美帆という女性。実は、オレが芸大で講師をやっていたときの教え子で、いろんな冒険をやっているので面白いな、がんばっているなと思いながら見ている。

   最近は番組がハネてきた感じ。もっともっとパワフルになっていくように応援したいね。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中