「『賛成じゃないから投票しない』と言ってると、おかしなことに」

印刷

   やわらか「とくダネ」としては珍しく、国民投票法案審議を2日連続して取り上げた。昨日は強行採決だったから、まあ当然。とくに焦点は、最低投票率の規定がないのとCM規制、18歳問題だ。

   要は、「過半数」の中身。国民なのか有権者か投票総数か有効投票総数か。実際は最後の有効投票総数だから、投票率が低いととんでもないことになりかねない。ところが、投票が有効となる最低投票率が設定されていない。これはやばいと。

   CMは投票の2週間前から禁止だが、それ以前はフリー。つまりお金のある政党に有利。さらに18歳からの投票権。日本では、20歳から大人ということで、すべての法律ができている。これを根底からひっくり返すことになる。

   笠井信輔は「憲法改正に賛成じゃないから投票に行かなくていいんだと思ってると、おかしなことになる」といった。その通りだが、実は普通の選挙でも同じこと。棄権は勝った方への賛成になる。日本人は、これがまだわかっていない。

   「18歳だと高3だから、学年の中でも大人と子どもと分かれる」(佐々木恭子)

   「少年犯罪の報道でも、18歳から実名になってしまう」(長谷川豊)

   急いだつけは必ずやってくる。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中