「ダークホースNO.1」 ブログで探る「セクシーボイスアンドロボ」

印刷

    「花嫁とパパ」「わたしたちの教科書」「帰ってきた時効警察」――4月スタートの春ドラマが続々とスタートしている。「目玉がない」といわれる今クールだが、ドラマを見た視聴者は自らのブログにどんな感想を書き込んでいるのだろうか? ダークホースとして注目されている「セクシーボイスアンドロボ」に対する反応を、さまざまなブログから探ってみた。

「松ケンのぶっ飛んだキャラが、ヤバイく可愛い!!」

放送直後のブログワードのランキング(kizasi.jp)では、「セクシーボイスアンドロボ」関連が5位と6位にランクイン。ネットでの人気ぶりを示した。
放送直後のブログワードのランキング(kizasi.jp)では、「セクシーボイスアンドロボ」関連が5位と6位にランクイン。ネットでの人気ぶりを示した。

   「セクシーボイスアンドロボ」の主演は、映画「デスノート」でブレークした松山ケンイチ。ブログでは、このマツケンがらみの感想が多い。

「松ケンのぶっ飛んだキャラが、ヤバイく可愛い!! 姉さん、激しくノックダウンされました(*´∀`*)」(似合わないクツを脱ぎ捨てて

「松山ケンイチいいわぁ(笑) L役の印象が強すぎて微妙とか思ってたけどぜん×2 OKでした ロボオタなのにかわいく見える ヤバイ最高!」(☆BlueSky☆

「きっとこの人は、役ごとに全く違う表情を見せてくれるんだ・・。いい役者さんになりそう」(星野めみの日記

「松ケンのあのテンションと髪型の雰囲気でなんとなく途中から藤井くん(藤井隆)に見えてきた」(OKIRAKUBLOG)

   マツケンとコンビを組む美少女を演じるのは、13歳の大後寿々花(すずか)だ。映画「SAYURI」でハリウッドデビューしている彼女に対しても、満足度◎の声がかなりある。

「ニコ役の寿々花ちゃんが可愛すぎますね。何なんでしょうあの超絶的な可愛さは。内容がどんな評価を受けるかはわかりませんが、とにかく彼女の顔が見れただけで充分です」(虎と水

「ストーリーとか関係なしに主役の子、メチャクチャ可愛いんですけどッ!! 14歳の母とか目じゃねぇ!マジでキュン死にやでぇ~(>_<) ちくしょ~打ち抜かれたよ。ズキュンとオイラのハートを打ち抜かれたよ」(まごろぐ

   また、

「浅丘ルリ子はさすがの存在感。ニコに語りかけるシーンは教授っぽかったかな。そこまで包むかってほど包んでましたね。片桐はいりは出てくるだけで笑えます」(本とテレビと映画のブログ)とか、

「オープニングナレーションの池田秀一さんのナレーション。こっちのほうがしびれます。(シャア)大佐ァ!!!!!!って感じです」(オーバー30日本代表!?

    のように、バイプレーヤーやナレーションに注目するブログもあった。

「コメディーの中にも感動のシーンが含まれている」

   キャストとならんで重要なのがストーリー。そっちの評判はどうだろう? 「セクロボ」は、ロボットアニメおたくの青年と七色の声をもつ少女がさまざまな難事件を解決していくという冒険ものだ。人気コミックを原作としていることもあってコメディタッチだが、「生きることの意味」といったシリアスなテーマも込められている。好意的に受け止めた視聴者は、こんな書き込みをしている。

「コメディーの中にも感動のシーンが含まれているって感じのドラマですよね。こういう風なドラマはかなり好きです!(オリエンタルブログ

「物語は全然予備知識仕入れずに見たんですが、面白かったです。聖徳太子級の聴力と七色の声音を持つ、こまっしゃくれて背伸びして、だけど子供のニコと、駄目大人に見えて、実はちゃんとした大人のロボと。こういう関係性大好き。」(画面に向かって裏拳でツッコむ。

「ただのコメディーと思いきや、ラストの締め方とかかっこよくって、ただのドラマじゃないと思った。(何者 まだ一回目ですが、今から来週の火曜日が楽しみでなりません」(つーつーしぃっつう☆

   でも、「好き嫌いが別れそうなドラマ」(GOING MY WAY な日常(・´з`・))ということで、なかには厳しい意見も。

「開始十五分あたりでニコが耳をすますシーンのとりかたがマトリックス的なアレ(時間をとめてニコを軸にぐるっと)だった時点で駄作を確信する。三日坊主が爆発したところを見てすこし溜飲が下がったが、その後はグダグダ。ニコがロボに引っ張られてるとか意味不明すぎる。」(ガブル・ガビッシュ

「始まりのあの展開は良かったんだけど、もっとドラスティックな演出がそれ以降に欲しかったような。なんかあまりに、日常と非日常が近すぎないかい? 一皮めくれば、みたいな、なんか恐怖感てえかスリル感みたいなものがあればいいなと思うわけだよ。」(日々こもごも

   ただ、いずれにしても「セクシーボイスアンドロボ」がかなり注目を集めていることは確かなようだ。ブログに書き込まれたキーワードのランキングを発表している「kizasi.jp」では、放映翌日の2007年4月11日に「セクシーボイスアンドロボ」が5位、「寿々花ちゃん」が6位にランクイン。ネット上での人気ぶりを示した。

   ドラマはまだ始まったばかり。「このまま、今期のダークホースNO.1として突き進んで欲しいです」(めいほあしあんだ)という視聴者の期待にこたえることができるだろうか。

   ※4月スタート・春ドラマはどれがいい?(投稿募集中!)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中