「ウイリアム王子はブチ切れている」

印刷

   年内結婚かとまで噂されていたイギリスのウイリアム王子(24)とケイト・ミドルトン(25)の破局を取り上げた。橋下徹の過激コメントが目立った。

   番組はウイリアム王子をめぐる最近の報道をウオッチ。「1週間に1度会えばいいほうだった」「ケイトに会うより、同僚と飲むほうを好んでいる」。結婚を早く望んでいるケイトとの関係に『どうしていいか分らない』と悩む王子に、祖母のエリザベス女王までが出張って『第2のダイアナ妃は望まない』とコメント。

   国を挙げての大騒ぎに、山口が「イギリスはフランクですね」、吉永も「最近のウイリアム王子ははどこかブチ切れている」と、日本の皇室でない、開かれた国の王室だけにざっくばらんなコメント。

   ところが、すかさず橋下が「イギリス王室は品がない。エンペラーとキングは違う。開かれた皇室にしてはいけない」と持論の皇室論を展開した。確かに、「黄昏」を感じさせる昨今の英王室だが、品格か、自由放任かは一般人でないだけに難しい。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中