ひとつも笑えなかった「サラリーマンNEO」

印刷

   先週の火曜日(4月10日)から始まった「サラリーマンNEO 2」。NHKで深夜11時から放送されている30分間のコント番組だ。

   生瀬勝久、山西惇、八十田勇一など、どっちかというと関西の劇団「そとばこまち」系の人が集まって、NHKというチャンネルで軽いコントをぶちかます。NHKらしくない無謀な番組ということで、たいへん興味があり、すごく期待して見た。

   しかし実につまらなくて、ひとつも笑えなかった。「帰ってきた社内スタントマン」「Sexy-bucho」「サラリーマン体操」など、短い設定のコントを次から次へとくりだしてくるんだけど、つまらない。全部「生煮え」の状態で、笑える代物ではなかった。練りこまれていないのだ。

   コントというのはむずかしい。作家や演出家、出演者の感性、センスが問われる。「感性勝負」の世界。「サラリーマンNEO」はNHKにしては冒険的な番組なのかもしれないが、「しょせんはNHK」と思ってしまった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中