谷啓のとぼけた味が光る「美の壷」

印刷

   NHK教育で金曜夜、谷啓さんが狂言回しをやる「美の壷」という番組をやっている。BGMにジャズを流しながら、ちょっととぼけた味で、日本の古典的な「美」を見るコツを教えてくれる。どこからどう転んでも教養番組なんだけど、なかなか渋くて好きだ。

   このまえ見たときのテーマは「筆」だった。筆には2種類あって、一つは「書の筆」で、もう一つは「化粧の筆」なんだとか。書の筆は、写経に使われたということで大事にされ、特に命毛と呼ばれる筆の先っぽに神経を使ったそうだ。化粧筆も女性にとっては命綱みたいなものだから、肌触りの良さが昔から追究されてきた。

   そういう筆の歴史を紹介していたが、いろんな職人さんや書家に話を聞いて、きちんと番組を作っていた。地味で渋い番組だからそんなにたくさんの人は見ないと思うけれど、NHKならではの番組なので、大事にしてもらいたい。

   谷啓さんといえば、植木等さんと同じクレージー・キャッツのメンバーだけど、いまでも現役でがんばっているのはあの人ぐらい。筆の回では、年賀状を筆で書くという設定で「賀正」にひっかけて「がちょ~ん」とやっていた。久しぶりの「がちょ~ん」で笑わせてもらったよ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中