2018年 7月 20日 (金)

「とても小学校の劇とは思えない内容」

印刷

   英王室のウイリアム王子との破局が伝えられるケイト・ミドルトンさんが、小学校卒業のとき演じた劇の映像というのがみつかった。なんとケイトさんの役が、「ウイリアム」という名のお金持ちと結婚して、子どもをもうけたあと、夫の浮気にからんで殺されてしまうというもの。

   笠井信輔が「とても小学校の劇とは思えない内容」というところで、なぜか「英王室評論家」のデーブ・スペクターが登場。現地の新聞報道をもとに、最新情報や破局の理由などを伝えたが、出席者のコメントなし。

   この件では、ブレア首相までが「そっとしておいてあげましょう」とコメントしていたが、念頭にあるのはダイアナ事件だ。過熱報道が遠因という見方は、ケイトさんの件にまで及ぶ。

   番組も「パパラッチの報道が」と決まり文句をいっていたが、世界中のメディアもパパラッチの片棒を担いでいたことを忘れてもらっては困る。過熱ぶりはたしかにひどいもんだが、ダイアナの死だって、バカな運転手のせい。パパラッチが死なせたわけではない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中