2018年 7月 18日 (水)

「銃についての教育ができてないんじゃないの」

印刷

   バージニア工科大学での乱射事件、自殺した犯人は、23歳の韓国人学生だった。英文科の4年生で、8歳のときに家族とアメリカに移住。グリーンカードをもっていたので、銃を買うことができたのだという。

   最初に2人を撃ち、自室に戻って2時間以上経ってから、30人を殺した。最初に殺された18歳の女性に片思い、さらにその女性の交際相手を捜していたとも伝えられている。現地レポートによると、彼は脚本など書いていたが、あまりにも猟奇的なので、教授は「カウンセリングが必要」といっていたとか。

   最初の殺人から2時間以上も、大学が封鎖などの措置をとらなかったことも、問題になった。が、大学は「(犯人は)外へ逃げたと思った」と。これも常識なのかもしれない。

   「あとの30人はとばっちりなのか。まったくわからない」と小倉智昭。

   同大学では昨日、追悼式が行われ、ブッシュ大統領も出席した。銃の乱射事件があとを絶たないアメリカでも、さすがに深刻なようだが、これが銃の規制にそのままつながらないところがアメリカ。

   デーブ・スペクターの解説。「持つ権利はいったん放棄したら二度と戻らないと思っている。ただ、大統領選挙では争点になると思う」

   小倉が「銃についての教育ができてないんじゃないの」いうのに、「銃なんかない方がいいとわかっているが、ライフル協会が頑固に抵抗している」「銃があると使ってしまう。夫婦喧嘩でも」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中