「ニホンでも簡単に拳銃が手に入る」

印刷

   長崎市の伊藤一長市長が銃撃されて死亡。スッキリ!!は緊急証言として、犯人の元妻にインタビュー。‘私に漏らした真の動機’・・・「市に怨みを持っていたのは知っていた」と元妻。

   犯行の予兆をこんなふうにいった。

   「5日前の頃ですが、家の預金通帳には32000円ほどしかなかった。生活費?もらったことがない。私にも借金していたし、財産を整理してお前に全部やる、おれは死にたいというてましたね」

   離婚したといっても、どうもスタンスは元妻ではない。幼い子どももいるようだし・・・

   「おれは恥をかくような死に方はせんけんな、というてました。私はお父さん死なないでと。ホントにやるつもりなら意地でも止めてました」

   スッキリ!!によれば、

   (1)行政に対する身勝手ないいがかりが通らず、
   (2)昨年2月に離婚して経済的に困っていた

   この2点の絶望感が「死にたい」・・・

   「これで何で市長を殺さなければならないんだ」とスタジオを代表するように義家弘介は一喝。

   気になるのはテリー伊藤の発言だ。このニホンも「危険な国」といい切る。

   「去年の銃の押収は458丁だが、これはあくまで表の数字で、いまや東南アジアあたりから1丁15万~30万円くらいでどんどん密輸で入っている。やくざばかりではなくマニアたちがインターネットで巧妙に取り引きしている」

   私たちの身近なところにも銃はあるという。ニホンも銃社会とは信じたくないのだが・・・

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中