「これは酷すぎますよね」

印刷

   森羅万象、なんにでもズバッ!とモノを言い、ときには顔を赤黒くして口角沫飛ばす「怒り芸」が売り物だったみのもんた。しかし、菓子メーカーから思わぬ反撃を食らってからは、怒るにも慎重に相手を選んでいるようだ。今日のように「役所+カネ」となれば、安心して叩ける100%ピュアな素材である。

   この数日、メディアを賑わす独立行政法人「緑資源機構」の官製談合疑惑。なんでも「談合破り」をした業者には機構側が陰湿な嫌がらせをしていたんだとか。

   「これは酷すぎますよね」とコメントを始めるみの。問題の根である天下りを徹底規制しない国会議員にも言及、「許せないね」と、”みの節”を聞かせた。といっても、まだ注意深くアクセルを踏みつつ、制限速度10キロオーバーに抑えてる感じだ。「どこまで行くの?」と思わせるほど突っ走るみのは再び見られるのだろうか。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中