絵空事として楽しむならいいんだけど 「プロボーズ大作戦」

印刷

   連続ドラマといえば、「フジの月9」をチェックしないわけにはいかない。今クールは、山下智久と長澤まさみが主演の「プロポーズ大作戦」だ。

   主人公の男が幼なじみにプロボーズしそびれて悔しがっていると、ヘンな妖精がでてきて「もう一度やってみろ」と魔法をかける。そして過去にタイムスリップして、彼女にプロボーズするために奮闘するというラブコメディだ。

   プロポーズ大作戦といえば、やすきよのお見合い番組を思い出す。その後「パンチDEデート」とか「ねるとん紅鯨団」につながっていった「集団お見合いバラエティ」の草分け的な番組だ。そのタイトルを大胆に使っているのが面白い。

   「新」プロポーズ大作戦のほうはヤング志向が強くて、オレのような年取った人にはなんともいかがなものかというような話だけれど、オレが教えている大学の女子大生などは「大変面白かった」と言っている。どうも主役の山下智久が相当な人気があるようで、「なるほど」とは思う。

   ただドラマと違って、現実の人生はリセットがきかない。大学生の中にはリセットがきくと思っている人もいるようだけれど、実生活ではそんなことはない。このドラマも、絵空事として楽しむならいいんだけどね。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中