2018年 7月 19日 (木)

「気楽に歌える雰囲気じゃない」

印刷

   作詞家・川内康範氏が『おふくろさん騒動』以来、久しぶりに登場した。参院選向け国民新党のCM撮影。音痴の亀井静香同党代表代行が歌うことになった党のテーマ曲『おかあさん』の収録で、作詞作曲した川内が自ら歌唱指導にあたった。

   「歌を歌っているんで、怒鳴っているんじゃないんだから。おなか~こわす~な かぜひ~くな~♪」(川内)
   「歌っているつもりなんですけど...」
   「亀ちゃーん、亀ちゃーん 気楽に もうすこしメロディーに乗って」

   オペレーターが「ハンドマイクを持ってやれば、カラオケっぽくなると思うのですが」と提案、しかし...。

   「雨が~降る日は~傘となり~♪」(亀井)
   「亀ちゃーん 傘と~なりではないよ。傘に~なり~♪だよ」(川内)

   指導は1時間半、ダメだし19回に及び、笑みを浮かべていた亀井も終いにはひきつったような顔に。川内が「一応これが限界でしょう」でやっとOK。

   ホッとしながらも亀井は「100点のつもりで歌っているのですが、先生のお歌をけがしてすみません」と平謝り。これに川内は「今日はよく歌えましたよ。80点ぐらいかな」。うまく編集が可能なのかどうか、完成したCMが楽しみだ。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中