2018年 5月 24日 (木)

「安倍さん『セクシー』には失笑でしたね」

印刷

   TVに出る=支持率UP。宮崎県知事に見習ったのか、安倍首相がスッキリ!!に生出演。テリー伊藤が直撃!・・・生出演といってもNTVのスタジオ録画収録だった。直撃といっても談笑対談だった。

   「安倍首相にどうしてもいいたいことがある」その提言?は、やはりテレビ芸人。

   「小中学生は‘セクシー’を正式課目にしろ!」そのココロは立ち居振る舞いや仕草が魅力的であれば、誰からも好かれる子どもになる。ぜひ学校で教えるべきだ。

   談合の温床となる天下りの根絶→環境問題と模範応答が続いてやっと「小、中学生にセクシーを教えたらどうでしょう」おそるおそるだった。

   安倍首相「教育には成績ばかりではない、いろんな要素がありますからね」苦笑。オシマイ。

   「直訴するのはいいけど、安倍さん、セクシーに失笑でしたね」と加藤浩次。おしゃべりタイム1時間で‘セクシー・タイム’はたった40秒。直撃!はテレビ芸人が奇をねらっただけ。

   首相のワイドショー出演で’チェック’したのは下記の3点。

   (1)酒を飲まない安倍さんがCMタイムにあんみつをガツガツ食べた
   (2)同席した昭恵夫人がファーストレディーになってから「常にニコニコしていないといけないので・・」というと「その反動がこっちにくるんです」
   (3)サミット会場に決まった<洞爺湖>と書くときに少し書き順を迷った。

   テリー伊藤と宮崎哲弥のふたりがソーカツ。「普通の人って印象で、町内会やPTAの役員に推したいタイプですね」

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中