「日ロ関係でエリツィンの影響は?」

印刷

   ロシアの民主化を主導したエリツィン前大統領が亡くなった。91年の保守派のクーデターを抑えたことで英雄になり、民主化で最初の大統領になった。だがソ連の解体で経済が悪化し、貧富の格差拡大などで国内での評価は良くない。健康にも問題だらけで、99年に引退した。

   解説は寺谷弘壬・青山学院大名誉教授。小倉智昭が「日ロ関係で、エリツィンさんの及ぼした影響は大きかったのか」と聞いたが、「あんまりなかった。橋本龍太郎さんとも、サウナと魚釣りだけ」とにべもない。北方領土問題も進まなかった。

   「プーチンになって若干後戻りともいわれるが」「エリツィンがプーチンを選んだといわれるが、実際はプーチンがエリツィンを解任した」。「ことを急激に進めすぎたのか」「自由化でマフィアが跋扈し、利益をもっていっちゃった。プーチンはいま、それを戻そうとしている。ロシアは振り子のように振れるんです」

   エリツィンは、結局は共産主義体制で育った人。それが終生抜けきらなかった。プーチンも同じだ。その意味では、ペレストロイカのゴルバチョフの方がはるかに革新的なのだが、国内ではもはや顧みられない。現実は非情なものだと、つくづく思う。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中