「テレビって教育上だめですか?」

印刷

   安倍内閣が次々と立ち上げている有識者会議、懇談会に、小倉智昭が切れた。

   今日の朝刊に出た「集団的自衛権」(東京新聞)と「親学」(毎日新聞)の記事。前者は有識者懇のメンバー構成がすでに「結論ありき」だという批判。

   小倉は「さまざまな意見を聞いていくのが本来じゃないのか」

   もうひとつの「親学」——聞いたこともない言葉だが、安倍総理が進める教育再生会議の有識者会議が出した。要するに親は何をすべきか、という提言なのだが、その内容——

   ・ 子守歌を聞かせ母乳で育児
 「母乳出ないお母さんだっている。わたしはミルクで育った」(小倉)

   ・ 「テレビを長時間見せるな」
 「あーテレビってそんなに教育上だめですか」(小倉)

   ・ 早寝早起き朝ご飯
 「わかってますよ。でもそれができない現実だってある」(小倉)

   ・ PTAに父親の参加
「平日の午前中ですからね。父親はボクだけだった。『とくダネ』終わってから出られた」(笠井信輔)「父親のいない子だっている」(小倉)

   ・ 親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞
 「演劇はそんなにいいのかい」(小倉)「ちび丸子ちゃんは相当いいですよ」(笠井)

   ・ 遊び場確保に道路を一時開放
 「それなら、昔のように校庭を開放して、ひまなお父さんがみてやった方がいい」(小倉)

   「諮問委員会とか懇談会は、みんなお手盛り」(岩上安身)
 「自分に当てはまるところだけいただけばいいものだが、憲法にかんすることなど、偏ってたら困る」(真鍋かをり)
 「テレビはダメだといいながら、選挙のとき一番テレビをうまく使ってるのはだれですか」(小倉)

いやあ、面白かった。有識者の顔が見たい。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中