「渋谷はきれいになりましたよ」

印刷

   若者たちに”占拠”され、怖いイメージの東京・渋谷センター街。「自分たちの街は自分たちで守る」とスタートした、若者をしかるオヤジ部隊『SCGP』(シブヤ・センター・ガイ・パトロールの頭文字)に密着取材した。スタジオのオヤジ達もそれなりの評価を。

   この『かみなりオヤジ部隊』は、隊員数30人強、平均年齢50歳以上。渋谷警察署、渋谷区役所の協力を得て月に3、4回、センター街を中心にパトロール。しかし、相手も民間人のパトロールと知っていて一筋縄ではいかない苦労も。

   番組はこのオヤジ達に48時間密着取材。違法駐輪の撤去や悪質客引きの撲滅、さらには時間外のゴミ出しと、油断すると次々違反者が。たまりかねたオヤジ達はついつい「バカヤロー」と言葉も荒くなる。 北野が「イヤー、渋谷は変わりました。きれいになりましたよ。変な外人もいなくなった」。

   鳥越も同調して「少々、言葉は荒っぽいが仕方がない」。慶大教授の中村伊知哉は「警察と行政がバックアップしていて、アメリカ型の自警団と似てきた」。おかげで「治安の悪い街」のイメージが変わりつつあると、かみなり効果は好評。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中