2018年 7月 18日 (水)

「1億2000万人こぞってダイエット?」

印刷

   果汁100%の飲料が今日から値上げ。1リットル入りが20−70円アップというから、ただごとでない。が、この主たる理由が例のバイオエタノール、地球環境にやさしいと先日導入がはじまったばかりのアレである。

   バイオの先進国はブラジルとアメリカだが、バイオの方がもうかるからと、ブラジル・サンパウロ州ではオレンジからサトウキビへの転作が進んで、16年間でオレンジ関係の労働人口が3万人から7000人に激減。オレンジが減ったための価格高騰なのだという。

   「地球環境問題が、高くしちゃったわけだ」(小倉智昭)

   同様の現象は各地で起きていて、アメリカではトウモロコシが1.5倍、牛乳が20-30%、ドイツでは大麦が2倍になってビールの値段に響きそう。メキシコではトルティーヤが3倍になったとか。本来、余った農作物利用から始まったものが、食を圧迫しているという変な展開。エタノールバブルという言葉もあるそうだ。

   竹田佳吾が「全体でルールを決めないと対応できない。一方で飢餓に苦しんでいる人がいるんだから」と指摘したのがポイントだ。NPOの話では、バイオエタノールに投じられている量は、3億人分に相当し、栄養不良の人口は8億人いるんだと。

   「どうしたらいいんだろう。1億2000万人こぞってダイエット?」と小倉。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中