フジTV、長崎市長射殺で誤映像

印刷

フジテレビは2007年5月1日昼前のニュース「FNNスピーク」で、長崎市長射殺事件の見張り役をしていたとして山下正樹容疑者が殺人幇助の疑いで逮捕されたことを報じた際に、別の男性の映像を流した。同局はその日の夜の「ニュースJAPAN」で訂正・謝罪し、滝川クリステルアナウンサーが「ご本人を始め、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしました。深くお詫びいたします」と頭を下げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中