2018年 7月 23日 (月)

「タクシー料金、こんなに安いの」

印刷

   タクシー料金の値上げの動きは全国的に広まっている。値上げの理由は燃料費高騰と、乗務員の低い賃金水準が原因となっている。

   企業努力をしているのか・・・という声が多いが、東京でも6月には660円から750円~810円へ。

   とくダネ!がしからばとばかり「安いタクシー」をリサーチ。初乗り260円(1.5キロ)で奮闘しているタクシー会社を見つけた。徳島市の「金毘羅タクシー」で、30年間値上げしていないそうだ。 「タクシー料金、こんなに安いの。どうなってんの?」とびっくり顔の佐々木恭子。

   この会社はガソリン節約のために流し営業はしていない。電話予約だけで予約スケジュールはいっぱいだそうだ。

   「区域のスケールに合っているようなので・・・」と社長さん。これも経営努力というものだろう。大阪ではワンコイン・タクシー(500円)も健在だ。

   各地の安めのタクシー運賃を見てみると・・・

   札幌=310円(0.8キロ) 仙台=340円(0.95キロ) 新潟=300円(0.75キロ) 千葉=340円(1キロ) 福岡=290円(0.85キロ)

   各都市にはばらつきがあるものの、利用者にしてみれば「金毘羅タクシー」を利用したいところだ。タクシー値上げは、家計にも重くのしかかる。週末に一杯引っかけてタクシーで深夜帰宅も減る・・・すると再度値上げ?

   「世界中でタクシー事情が一番便利な国だけどねぇ」と諸星裕。便利=高くつく。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中