2018年 7月 22日 (日)

「東條さんもびっくりしてんじゃない?」

印刷

   コメンテーターが岸井成格、小宮山洋子、河野太郎とそろったのに、安倍首相の靖国供物問題は、さらりと7時台に。

   先月の春の例大祭に総理大臣の肩書きで「真榊(まさかき)」を奉納。5万円はポケットマネーという。各党の反応はさまざまだ。

「(中韓関係に)あんまり関係ない」(麻生外相)
「新しい参拝の方式。いい方法だ」(綿貫国民新党代表)
「矛盾していてあいまいでわかりにくい。美しくない」(鳩山民主党幹事長)
「侵略戦争、植民地支配肯定にしがみついている証」(市田共産党書記長)
「ご都合主義の二枚舌」(福島社民党党首)

   当の安倍首相は相変わらず、「参拝するしない、供物を出した出さないについては申しあげない」とだけだ。

   「靖国神社は戦地で亡くなった方の御霊を祀るのが趣旨。それ以外の人はダメと東條(英機)さんが通達出してる。だから、自分が祀られて東條さんもびっくりしてんじゃないですか」とみのもんた。

「いわないことで中韓に配慮しているんだろうが、日本の国際的な存在感が小さくなっているときに、後をひきずるより将来を議論しないと」(河野)
「釈然としないが、今回のやり方は通常の儀礼の範囲内だ。中国も韓国も抑制した反応している」(岸井)

   ここに名前が出たうちで、戦争を記憶しているのは綿貫さんだけだ。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中