2018年 7月 19日 (木)

「シュワちゃんにも直訴したそうだけどね」

印刷

   パリス・ヒルトンが刑務所に入る。こんなゴシップ・ネタはデーブ・スペクターの専門。いかにも楽しそうにリポートした。

   「州知事のシュワルツネッガーにも直訴したそうだけど、やはりダメだった」その彼女は・・・。

   無免許運転で何度も捕まっている。その保護観察処分中に飲酒運転で車を運転したとして45日間の禁固刑を命じられた。鉄格子付きの’別荘’に行く。

   世界的に有名な「ヒルトン・ホテル」の創業者の祖孫だから、産まれながらのセレブ。そんな運命の星に加えて、ファッション・モデルや歌手として華やかにご奔放にご活躍。

   そんな彼女をギネス・ブックは「世界で最も過大評価されている人」と認定した。

   「現代のマリリン・モンロー」と自称している'超セレブ'のご本人が、来月からロサンゼルス郊外のムショ暮らしになるとあって、本国はもちろん、このようにニホンでもゴシップの大ニュースになる。

   デーブ・スペクターの口は軽快だ。「パリスが入る監房のスペースは、彼女のクローゼットの4分の1だそうで・・・」ちなみに監房は2人部屋で、部屋の広さは幅2.4メートル、奥行き3.7メートル、高さ2.4メートル。ということは彼女のクローゼットの広さは?やめよう。

   「ふだんなら彼女は朝6時に寝るけど、こんどは6時起床。どんな監房ライフになりますか」さすがに'楽しみです'とは続けなかった。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中