2018年 7月 23日 (月)

「高野連の記者会見はグズグズでした」

印刷

   高野連は大阪市内で緊急の全国理事会を開いて記者会見。発表した内容はあれれ。

   1週間前の‘お達し’を撤回します。なかったことにします――四文字熟語でいうと「朝令暮改」。「高野連の記者会見は、正直いってグズグズでした」笠井信輔のゆったりした口調には皮肉がこめられている。

   ※台所事情のよくない野球特待生は、奨学金をもらってもいいよ。
   ※野球部の部長さんも責任をとって辞めなくていいよ。

   それでも高野連の脇村春夫会長は強調した。「マスコミや文科省の伊吹大臣などから批判されました。それでも、野球憲章を守る姿勢は変えません」。

   あれま。批判の嵐を浴びたので、野球憲章をちゃらにしたんでしょ。撤回したんでしょ。その言い訳がグズグズなんです。

   週刊誌の広告コピー。「特待生8千人の首を狩ったラスプーチン」「甲子園を食い物にする利権集団」「アホバカ高野連、退学続出 特待生8000人の半分は不良になる」・・・それでも「野球憲章を守る」と力説するうんざり体質。

   小倉智昭がいう。「そもそも高野連とは誰が、どこの出身者がやっているのか。そこがカギですね」。

   具体的にいえば朝日新聞社。「夏の甲子園」の報道が紙面的にも営業的にとてもおいしい。だからすべての甲子園児を、清く正しい美しいヒーローにしたいのだ。すなわち朝日新聞社=高野連。このべったり関係が今回の問題の主犯。

   「野球特待生がダメになったことから、これからは野球のレベルの高い人はみんなビンボーということになる。こう前向きに考えるしかないね」小倉智昭も皮肉まじりのコメントだ。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中