「新入生はヤギ」ローカル局が作ったほのぼのドキュメンタリー

印刷

   5月5日のこどもの日は早起きしたので、朝6時からテレビ朝日でやっていた「いきいき!夢キラリ」という30分番組を見た。こどもの日にちなんだ企画で、鹿児島の南日本放送が制作したドキュメンタリーを流していた。タイトルは「ケンケンは1年生!」。

   舞台は鹿児島県のいちき串木野市にある土川小学校。過疎化、少子化のあおりで全校生徒が10人しかいない。昨年はとうとう新入生がいなかったんだけど、その代わりに地元のおじさんが黒ヤギの「ケンケン」を連れてきてくれた。新入生はヤギだったのだ。

   子供たちは、ケンケンと遊んだり、ケンケンの様子を観察したりしながら、成長していく。その1年間の様子を撮影したほのぼのタッチのドキュメンタリー。

   朝のマジメな番組なので、スポンサーもいない。ずいぶんのんびりした番組で、大昔のテレビを見ているような気になったけれど、この番組のおかげで今年の5月5日はさわやかにすごすことができた。

   こういうローカルの番組を東京でも見れるのは、とてもいいことだね。

    柱の傷 自分でつける ひとりっ子(朝日川柳より)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中