「黙って!」

印刷

   番組によると、“ハウツーもの”のDVDが巷で密かなブームだそうである。いくつかのDVDを紹介したなかでメインは「温厚な上司の怒らせ方」なるタイトル。

   上司の「今度の社員旅行の幹事をね…」に「いや、無理っす」と即答する部下など、コントのような場面が多数収録されていて笑える模様だ。さらに怪しいのは解説をつとめていた東京東海大学教授の碑文谷潤教授なる人物。

   そこで、というわけでエンタメコーナー担当の延友陽子アナが碑文谷教授を直撃。喫茶店で「どれがいい」とメニューをさす教授。延友が「じゃあ」と口を開くと「黙って!」と叫ぶ。これが「裏切り」というテクニックだという。

   延友はさっそく、このテクニックをマスター。今度は教授に「黙って!」と逆襲。学習能力の高さを見せた。その後、スタジオでも勝谷誠彦に話を振り、勝谷が勢いよく話しはじめたところで延友が「黙って!」。これは、なかなか使えそうだ!?

   なお、碑文谷教授の気になるプロフィルについては、“役者”であることだけが判明した。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中