NHK「中学生日記」に「腐女子」登場

印刷

   NHK教育テレビのドラマ「中学生日記」に「腐女子」が登場することになった。腐女子とは、「ボーイズラブ」と呼ばれる男性の同性愛をテーマにした漫画や小説を愛好する女性たちのこと。ボーイズラブ関連のサイトが盛り上がっていたり腐女子関連本のフェアが全国の書店で開催されたりとブームのきざしも見える。

   「中学生日記」のドラマに登場するのは、2007年5月19日夜の放送分。「“腐女子”だって恋をする」というタイトルで、ボーイズラブの同人誌サークルに参加している女子中学生が同級生の男子を好きになり、「自分の趣味を打ち明けるべきかどうか」と思い悩む様子を描く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中