「負け犬の希望の星です」

印刷

   負け犬キャラのタレント青田典子が緊急会見。「お騒がせして、ホントにすみません」結婚したこと、離婚したことをマスコミに報告しなかったことで謝罪した・・・

   <報告ナシ>がどうして涙目で頭を下げなければならないの?!

   かと思うと「泣くなよ」と慰める取材記者がいた。身内みたいな気配りをする。芸能界はファミリーのようだ。

   「40歳までには結婚したい!」“バブル青田”の負け犬キャラは、実はちゃんと結婚を果たしていた。おっと、そればかりではない。離婚もしていた。

   「結婚したことを隠していた飲食店経営の夫とは11か月で離婚になったそうです。仕事に忙しい彼女は、『オレと仕事とどっちが大事なんだ』と言われて・・・」(笠井信輔)

   「芸能人だから結婚や離婚を『公表する・しない』と騒ぐのはおかしい」と小倉智昭がきっぱり。

   「いずれにせよ、この両方を隠していたのは初めてでしょう」と笠井。

   <結婚したくてもできないキャラ>の人気者が芸能界のルール違反でこっそりと‘女の幸せ’をつかみ、<離婚までしてしまった>。立派な‘勝ち犬’ではないかという気もする。

   「これを機にキャラ替えをすればいいのよ。‘負け犬の希望の星’とかね。いまの女性は40歳を越えて結婚するのがテーマになっていますから」(野村浩子)

   離婚はしても前夫とは近所に住んでいて、尊敬しあう関係だという。「復縁話が出ているようです」いずれにせよ、勝ちとか負けは犬とは直接間接ともに関係がないようで。

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中