2020年 7月 12日 (日)

世界記録を35回塗り替えた「鳥人」ブブカ(ドキュメントスポーツ大陸)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   1994年7月31日、陸上競技に伝説が生まれた。棒高跳びで生まれた6m14cmという大記録。この快挙を実現した男こそセルゲイ・ブブカだ。1985年、人類初の6mジャンプを成功させ、まるで鳥のように大空に舞い上がることから「鳥人」のニックネームがついた。

   2000年のシドニーオリンピックで引退するまで、ブブカが塗り替えた世界記録は実に35回。引退から7年になる今も、彼の作った世界記録は破られていない。それどころか、世界で6m6cm以上跳躍した選手はブブカ以外に未だ現れていないのだ。

   空前絶後の大記録を実現した「鳥人」のジャンプとは、どういうものなのか。より高く跳ぶための理論・アイディアと高い身体能力、そして努力。ブブカの鳥人秘話に迫る。

   *ドキュメントスポーツ大陸

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中