「祭りにあまり規制を設けちゃいけない」

印刷

   東京・浅草の三社祭。3日目の5月20日はクライマックスの本社神輿の出る『宮出し』が行われたが、もう一つのクライマックスが『神輿乗り禁止令』をいつ破るか。番組は『宮出し』の後をつけルポした。

   禁止令は、昨年おおぜいが乗ったために担ぎ棒が折れたことから出された。神社側はこの日の宮出しにあたって、マイクで「一人でもみこしに乗れば宮出しは中止します」と、念押ししたのだが・・・。

   『宮出し』は、まずケンカで幕開け。盛り上がってきたところで、リポーターが「アッ、神輿の上に4人が乗りました」。あとは「ソレーッ」とばかり、あちこちで乗り始め、禁止令どこ吹く風。結局、神輿に乗った男一人を迷惑防止条例違反で、この男をかばった二人を公務執行妨害で検挙した。

   祭りの神輿が、“参勤交代”みたいに整然とねり歩くだけでは面白くもおかしくもない。

   漫画家の江川達也も「祭りの意味から規制を設けるのはよくない」と。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中