「石川君を社会のお守りに」

印刷

   男子ゴルフツアーで、史上最年少の優勝を果たした石川遼君(15)については昨日の『スパモニ」で取り上げたが、今朝は『天才教育論』というテーマで続報した。

   番組は母親の由紀子さん(39)と父親の勝美さん(50)がそろって画面に登場。由紀子さんによると、父親の趣味がゴルフで、父親から『やってみるか』と、軽い気持ちで誘われたのが始めたきっかけだったという。また常日頃、両親が言っていたのは「嘘をつくのは絶対にいけない」ということ。

   きっかけはごく普通。なにが『天才教育論』かさっぱり。銀行員を父にもち、元暴走族幹部という弁護士の金崎浩之は「(ウソをつくなは)ぼくも盛んに言われましたがね」と、照れ臭そうにコメント。

   そういう人生の綾を知ってか知らずか、ノンフィクションライターの衿野未矢が「理想の家庭だし、髪型もちょっとおしゃれ、はにかんでしゃべるところなどいい。彼は社会のお守りです」。

   二宮金次郎の像は小学校のお守り的存在だったが、ゴルフクラブ担いだ少年の銅像は想像できない。ヨン様ファンもびっくりの褒めようではないか。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中