2018年 5月 22日 (火)

米ツアーVまであと一歩「今田竜二」に期待したい

印刷

   いまの季節は週末になるとゴルフ中継が楽しみなものだが、この前はビッグな話題がやけに多かった。

   まず女子ツアーでは、横峯さくらが今季初V。これもニュースなんだけど、なんといっても驚いたのは「ハニカミ王子」だ。マンシングウェアオープンで、高校一年生の石川遼君が優勝した。日本ツアー史上最年少の15歳というんだから、びっくりしたねぇ。

   それからアメリカでは、今田竜二がジョージア州ダルースで行われたAT&Tクラシックで活躍。最終日にトップを走っていたので、オレも月曜の朝5時に起きてBSの中継に見入ったよ。彼は14才のときに単身渡米してジョージア大に進んだという経歴の持ち主だから、地元の人からも拍手をもらっていたね。

   これまではアメリカツアーの日本人というと丸山茂樹が人気者だったけど、どういうわけか最近は調子が悪くて、今回も予選落ち。その代わりに今田が優勝してくれると良かったが、結局、マスターズ・チャンピオンのザック・ジョンソンとプレーオフになって惜しくも負けてしまった。

   でも今後に期待させるプレーを見せてくれた。今度は今田竜二にぜひツアー初優勝を決めてもらいたいなぁ。

      夕日浴び 池に消えゆく 初勝利

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中