08年春NHK朝ドラ「瞳」 主人公は20歳の里親

印刷

   NHKは2007年5月23日、08年春から始まる朝の連続テレビ小説が「瞳」に決まったと発表した。東京の下町である佃・月島を舞台に、ある日突然3人の子供の里親になってしまった20歳のヒロインが、里子たちと向き合いながら成長していく姿を描く。「町が子どもを育てること」「世代を超えたコミュニケーション」「家族の再生」など現代的なテーマに取り組むという。

   脚本は鈴木聡が担当し、朝ドラでは「あすか」(99年~00年)以来となる。鈴木は「朝の支度やお仕事に忙しい皆さんを思わず引きずり込むような、はつらつとした、新 しい感触の朝ドラにしたい」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中