2018年 7月 21日 (土)

「天下りXX法人と呼びましょう」

印刷

   緑資源機構の林道整備・談合で、今日にも強制捜査の雲行き。天下りOBの陳情で業者を変更していた、というニュースから、話は天下りの仕組みそのものに飛んだ。みの節、炸裂だ。

   「独立行政法人いらないんじゃない。その下の法人もいらない。民間の会社に競争入札でやれば、無駄なピンハネはおこらない。簡単でしょ」「なんで国会議員は、天下りだめ、とすんなりいかないのか。5年後じゃなくて、ダメなものは今すぐだめだと」(みのもんた)

   「緑資源なんて名前がきれいすぎる。やってることは汚い。天下りのためにできた法人は、これから疑われる」(木元教子)

   「ああこれはと思ったら、頭に『天下り』をつけて、天下り独立行政法人、天下り特殊法人と呼びましょう。それくらいやらないとわからない」「ハローワークみたいなものをつくるのもわからない。同期が次官になったら、ほかの同期の居場所がなくなる‥‥バーカなこというんじゃないよ」(みの)

   「そのまま働けばいいんですよ」(嶌信彦)

   「むずかしいけど、ぶち壊すいい機会」(木元)

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中