「天下りXX法人と呼びましょう」

印刷

   緑資源機構の林道整備・談合で、今日にも強制捜査の雲行き。天下りOBの陳情で業者を変更していた、というニュースから、話は天下りの仕組みそのものに飛んだ。みの節、炸裂だ。

   「独立行政法人いらないんじゃない。その下の法人もいらない。民間の会社に競争入札でやれば、無駄なピンハネはおこらない。簡単でしょ」「なんで国会議員は、天下りだめ、とすんなりいかないのか。5年後じゃなくて、ダメなものは今すぐだめだと」(みのもんた)

   「緑資源なんて名前がきれいすぎる。やってることは汚い。天下りのためにできた法人は、これから疑われる」(木元教子)

   「ああこれはと思ったら、頭に『天下り』をつけて、天下り独立行政法人、天下り特殊法人と呼びましょう。それくらいやらないとわからない」「ハローワークみたいなものをつくるのもわからない。同期が次官になったら、ほかの同期の居場所がなくなる‥‥バーカなこというんじゃないよ」(みの)

   「そのまま働けばいいんですよ」(嶌信彦)

   「むずかしいけど、ぶち壊すいい機会」(木元)

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中