「中国はカネのためだったら何でもする」

印刷

   いまの中国はワイドショーネタの宝庫のようだ。今日、放送されたのは「残酷」サファリパーク。牛や羊、鳥といったエサを見物客が購入、一群の虎がエサを生きたまま食べるのを観賞する趣向になっている。

   現代基準では確実に悪趣味なんだろうけれど、それを非難するテリー伊藤のコメントもとても趣味がいいとは言えなかった。「中国はカネのためだったら何でもする。ひどい話」と、サファリパークの件とはあまり結びつかない中国バッシングを展開しだすテリー。

   「北京オリンピックはボイコットしろ!」と言ったかと思えば、中国製土鍋のうわぐすりから鉛が溶け出したらしい問題を「土鍋に鉛が入ってたことで大問題になってますよね」とほぼ勘違いして引用したあと、「国側の最優先が金儲けになっていて、環境などへの意識が低い」などと批判した。

   コメンテイターのさかもと未明も、このときとばかり活躍し、「こういう国に日本のことをどうこう言われたくな~い」などと、大はしゃぎであった。

   中国の人たちに、とっても上品なこの番組の感想を聞いてみたいところではある。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中