2018年 9月 19日 (水)

「闇ルートの運び屋は小遣い稼ぎなんだね」

印刷

   国境の島に異変、日本海を渡る免税品の闇ルート――女運び屋手口を直撃。スクープとあったが「!」マークはなかった。内容も「!」ではなかった。

   韓国語で運び屋は「ポッタリ」。とくダネ!が張り切って追いかけたそのポッタリは、時間をもて余している韓国・釜山のおばさんたちだった。国境越えのアルバイトのようなものだった。

   彼女らは釜山から対馬行きのフェリーに乗りこむときに、男にそれぞれ4カートンのタバコと1本の酒が入ったビニール袋を手渡される。それを持って税関などの渡航手続き。このおみやげのような手荷物は免税の許容範囲だ。それ以上持ち込むと課税される。

   おばさんたちが持ち込んだ4カートンのタバコと酒は、対馬にいる韓国人のもとに回収される。それからは大阪の業者が引き取るのだという。大阪では韓国タバコがよく売れるそうだ。

   「よくわからないね」と小倉智昭。<スクープ・闇ルート・運び屋>と雰囲気はモノモノしいが密輸とはいえない。「結局は闇ルートの運び屋といっても、おばさんたちのこづかい稼ぎなんだね」。

   釜山からフェリーに乗って国境の海を渡る。対馬には2~4時間の滞在。タバコと酒を運ぶバイト。それが2000円。なかには、ニホンで売る自家製キムチを持参する人、免税店で本国に帰って売るためのブランド品を、半額で買って帰る人さまざまらしいが。

   タイトルからイメージしたのは、生々しい密輸犯罪とか北朝鮮の偽タバコ密輸・・・とくダネ!のはったり企画。だから小倉のコメントはのんびり。

   「そんなに利益は出ないようだし、どうせなら少しでも観光してもらいたいね」

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中