「電車の中でも見たい番組」って本当にあるの?

印刷

   「ICカードでエラーが発生しました。自動的に再起動します」

   これ、私の携帯によく出てくるエラーメッセージ。

   メールを受信、送信した後に、このにっくきエラー様がお出ましになって、本当に電源がプツっと切れてしまう。「まだまだ・・・」と思って我慢していたのだが、昨日ついに我慢も玄界灘に達した。

   電話がかかってきて「もしもし」と言った途端につながらなくなる。あれ?電波はいいはずなのに、なんで電源切れちゃうんだろうと首をかしげて携帯を見てみると、出たっ!にっくきエラー様がまたまたご登場。それが一日に何度もあったら、こっちはたまったもんじゃない。

   仕事の電話がかかってきても、「もしもし」プツン。これじゃ、信用度もガタ落ち圏外。ワンギリならぬ、「もしギリ」だ。放送作家たるもの、信用、信頼で成り立っている商売なので、非常によろしくない。

   そこで、「もしギリ携帯」とおさらばするために家電量販店に行ってきたのだが、いや~驚きました。新しい携帯のほとんどが「ワンセグ携帯」だった! 今使っている携帯は、1年半ほど前に購入したもので、当時は「ワンセグ携帯」の出始めぐらいだったと記憶しているのだが、携帯売り場に行ったら、ワンセグ機能がついてない携帯のほうが珍しかった。

   「ワンセグ携帯」。説明するまでもないけれど、テレビのデジタル放送が見られる携帯のことです。ところで、皆さん、そんなにテレビを見たいですか?

   オシャレな夜景をバックに、携帯にはテレビが映っている。そんなCMもあったが、オシャレな夜景を見ながらも、テレビを携帯で見たくなるものなのか?

   番組を作っている人間からすると、「そうまでして見たい番組ソフトとは何か」が気になる。スポーツ中継?ドラマ?それとも、通勤電車内でバラエティー番組を見るの?

   頭をひねくりまわして考える番組ソフトを、多くの人に見てもらいたい。それは番組制作者が共通して抱く思いだ。でも、電車内でも見たくなるようなソフトは、今テレビで放送されているだろうか? 何が何でも見たくなる番組ソフトはどうやったら作れるのか、それが問題なのだが・・・

   ちなみに、私の「もしギリ携帯」はどうなったかというと、実にあっけなく解決した。機種変更の契約手続をしながら店員さんに故障の原因を念のため聞いてみたら、ICカードの差し込みが甘くてエラーが出ていたことがわかったのだ。

   言われた通り、ICカードをちゃんと差し込んでみると、エラー文章様は一切お出ましにならなくなった。なんとも、アナログな話である。

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中