2020年 7月 10日 (金)

何度見ても泣けるラスト「ティファニーで朝食を」(衛星映画劇場)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(C) 1961 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

   「ローマの休日」と並ぶオードリー・ヘップバーンの代表作「ティファニーで朝食を」。当時32歳とは思えないオードリーの可愛らしさが際立つラブコメディの名作だ。

   ホリー(オードリー・ヘップバーン)は、ニューヨークの高級宝石店「ティファニー」の前で、コーヒー片手にデニッシュを食べながら、物憂げな感じでショーウィンドーに写る自分を眺めている。彼女はコール・ガールをすることもいとわない、猫のように自由奔放な女。「ティファニーで朝食を食べられるくらいの身分になりたい」と玉の輿をもくろみながら、日々を送っている。ところがある日、駆け出しの作家ポール(ジョージ・ペパード)が同じアパートに引っ越してきて、互いに惹かれあう・・・

   ティファニーで「指輪」にネームを入れてもらうシーンはとっても洒落ている。雨の中のラストシーンはせつなく、何度見ても泣けてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中