2018年 7月 20日 (金)

「申請主義を隠れ蓑に、怠慢のままこれまで・・・」

印刷

   コムスン不正問題に続いて、年金の新たな記録漏れ。高齢者をめぐる厚生労働省絡みの事件続出で、世の年寄りは唖然とし、呆然となり、絶叫しそうだ。

   年金の新たな記録漏れは、6月6日の衆院厚生労働委員会で柳沢伯夫厚労相が明らかにしたもの。記録が消えた5000万件以外に、基礎年金番号を統合しオンライン化する際に、旧台帳の1954年までの厚生年金加入者の記録1430万件をコンピューターに入力しなかった。

   社保庁が放置していたのは、年金受給者本人が受給開始時点で申請すれば、倉庫から記録を探せると判断したからという。

   岩上「社保庁の申請主義を隠れ蓑に、あぐらをかき怠慢のままこれまでやってきた。特に許せないのは昨日の柳沢大臣の発言だ。『もうお亡くなりになったと思いますけど』にはカチッときた」。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中