「地球がすっぽり毛布に包まれたのかな」

印刷

   ドイツ北東部の町ハイリゲンダムからG8の中継。のっけはみの節。あっけらかん。

   「各国の首脳がこれから写真撮影だっちゅうのに、フランスのサルコジさんだけですよ、ケータイで話してんのは。一体誰と話してんだろ。ところで、われらの嶌さーん」

   長いジャーナリスト生活で、サミットの取材は20回以上30回未満だという嶌信彦は文字通り手馴れたもの。「なかなかサルコジさんは面白い人ですね。親米派といわれてますが、近く地方選挙があるので、それでアメリカに噛みついたフリをしたらしいですね」

   ――北朝鮮やイランの核開発問題、レバノン・パレスチナの紛争、スーダンへの制裁・・・こうした問題はニュース番組の縄張り。ワイドショーはこぼれ話が中心になる。

   '嶌リポーター'によると「警備が厳重で片道3時間かかりました」「今回のテーマは、テロから地球環境へ移ったというところです」

   初お目見えの安倍首相はどうか。集合写真では'新人席'のはじっこに位置していた。

   「ドイツのメルケル首相やブレアーさん、サルコジさんといった同世代の人たちとは気楽に英語で会話してましたね。ただ、同じ世代でもロシアのプーチンさんはひとり浮いていました」

   独英仏日が仲よしグループで露はぽつねんと孤立・・・仲間はずれ? 米のことは話題に出なかった。来夏の北海道洞爺湖サミットのことも。

   みのが軽口。「環境問題といえば、地球がすっぽり毛布に包まれたというのかな。それはともかく、このあとパリでゆっくり休んでください」

   これをリップサービスという。しゃべるだけはタダと相場が決まっているのだが、みのもんたのしゃべりはタダではない。高額のギャラがかかっている。

文   初代不良家
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中