2018年 7月 19日 (木)

「車掌は窓から顔を出して見てなかった」

印刷

   車掌がまた、確認を怠ったらしい。

  小田急線の東海大学前駅で昨日午前10時半ころ、女性(57)がドアに指をはさまれたまま電車が発車。女性は40メートル引きずられて線路に転落し、肋骨を折るなど重傷を負った。ホームの乗客が声をかけて初めて車掌はブレーキをかけたという。

   先月にも、JR山手線神田駅で、赤ちゃんが乗った乳母車をはさんだまま発車。ホームの客が非常停止ボタンを押して電車は止まったが、助けようとした男性が転倒して軽いけがをしている。

   状況は同じだ。小田急線の場合はホームがカーブしているが、ビデオで前方が確認できるようになっていた。

   加藤浩次は「確認して車掌が車内へもどる時の何秒かが問題」という。

   テリー伊藤は「電車が走り出すとき、車掌は窓から顔をだして見てますよね。あれをやってなかったんですよね」と。そう、ドアを閉め発車する前後の、車掌の動きがポイントだ。

   そのテリーも「女性の方も悪いと思う」などと、結局「駆け込み乗車はやめましょう」となったが、人間は駆け込みをやるもの。絶対になくならない。そのために車掌はいる。見てないんなら車掌なんかいらない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中