「車掌は窓から顔を出して見てなかった」

印刷

   車掌がまた、確認を怠ったらしい。

  小田急線の東海大学前駅で昨日午前10時半ころ、女性(57)がドアに指をはさまれたまま電車が発車。女性は40メートル引きずられて線路に転落し、肋骨を折るなど重傷を負った。ホームの乗客が声をかけて初めて車掌はブレーキをかけたという。

   先月にも、JR山手線神田駅で、赤ちゃんが乗った乳母車をはさんだまま発車。ホームの客が非常停止ボタンを押して電車は止まったが、助けようとした男性が転倒して軽いけがをしている。

   状況は同じだ。小田急線の場合はホームがカーブしているが、ビデオで前方が確認できるようになっていた。

   加藤浩次は「確認して車掌が車内へもどる時の何秒かが問題」という。

   テリー伊藤は「電車が走り出すとき、車掌は窓から顔をだして見てますよね。あれをやってなかったんですよね」と。そう、ドアを閉め発車する前後の、車掌の動きがポイントだ。

   そのテリーも「女性の方も悪いと思う」などと、結局「駆け込み乗車はやめましょう」となったが、人間は駆け込みをやるもの。絶対になくならない。そのために車掌はいる。見てないんなら車掌なんかいらない。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中