2018年 7月 21日 (土)

「アメリカでも評判悪いよ、コレは」

印刷

   テレビ番組スーパーモーニングが伝えるところ(のスポーツ紙記事のたぶん通信社配信記事)によると、米国の裁判所判事がクリーニング店に損害賠償を請求。預けたズボン一本がなくなったというのだが、その請求額が65億円というから驚きだ。

   コメンテイターの鳥越俊太郎は「さすがにアメリカでも評判悪いよ、コレは」と発言。その通り、批判が集まっているそうである。まあ、番組が紹介したサンケイスポーツ記事の見出しにもそう書いてあったので、わざわざコメントするまでもなかったかもしれない。

   タレントの北野誠は「いかにもアメリカらしい話ですね」といかにもなコメントを堂々と発表し、弁護士兼作家の中嶋博行は「アメリカには懲罰的損害賠償というのがあって~」と、アメリカの巨額賠償の解説では必ず登場するキーワードを口にする。

   ニュースの驚きにくらべて、コメントは平凡に終わるという、竜頭蛇尾的展開であった。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中