2018年 7月 22日 (日)

「在日の皆さんのためというのは美談では?」

印刷

   朝鮮総連中央本部のある土地建物をめぐる謎の取引を続報。今朝は、この土地建物を購入した元公安調査庁長官、緒方重威氏のかつての部下だった古市達郎・金沢工業大教授が生出演、元上司の行動について「理解できない」を連発した。

   事件は、昨日も動きがあった。東京地検は虚偽の所有権移転登記の疑いがあるとして朝鮮総連の代理人である元日本弁護士連合会会長、土屋公献氏の自宅と弁護士事務所を捜索した。

   緒方も土屋も「法律には違反していない」と、弁明しているが、支払いが済む前に所有権の移転登記をするのは異常、売買を仮装したと疑われてもやむを得ない。まして相手が、調査対象として緊張関係にあった朝鮮総連では外部が奇異に思うのは当然だ。

   一連のオウム真理教事件で緒方とコンビを組んでいたという古市は「緒方さんは非常に優しく、私利私欲のない人。私にとっては尊敬できる人です」。

   しかし、小倉智昭キャスターは「在日の皆さんのためにというと、取りようでは美談に感じるのですが……?」と。この問いに古市は「私利私欲のない人だけに奇異に感じる。もともと在日朝鮮人の権利擁護は本国が行うこと。一私人の立場で思いつめるというのは理解できない。最初瞬間的に、よっぽど深刻なウラ事情を握っていらっしゃるのかと思ったほど」という。

   いったい何があったのか?これまでの二人の元トップの説明では不十分。世間は納得しない。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中