「傷だらけの男たち」
トニー・レオンと金城武の「悩める男」がいい

印刷

   香港映画を蘇生させた「インファナル・アフェア」シリーズや「頭文字D The Movie」などの秀作を送り出している監督:アンドリュー・ラウとアラン・マック、それに主演のトニー・レオン。このチームがまたまた警官を務める男たちの黒い世界を描く素晴らしい作品を送り出した。


   見落としてならないのが、裏方だがこれら総ての脚本を書いたフェリックス・チョンの存在である。映画の出来は70%いや80%、本の出来にかかっている。日本のコミックを脚色の「頭文字D~」はともかく「インファナル・アフェア」などの過去現在に渡る複雑な人間関係を描くオリジナル脚本のストーリーテリングは見事だった。その素晴らしい本がこの作品の命だ。

   アラン・マックとの共同脚本で二人の刑事を主人公にして物語は進行する。トニー・レオン演じる「ボス」と呼ばれる警部と金城武扮する部下の「ポン」刑事の仲の良さは尋常では無い。妊娠中の妻の自殺で自分を責めるポンは警察を辞め探偵となるが、酒を浴びるほど飲むアル中で浮浪者のような毎日。酔ってキャンペーン・ガールのフォン(スー・チー)の所へ転がり込む日が続く。そんなポンに頻繁に会って激励するボスは香港一の大富豪チャウ(ユエ・ホア)の一人娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と知り合い結婚する。
   ある日義父、チャウの大邸宅に強盗が入り、扉を開けた執事は殺され、チャウは残酷にも置物の石像で頭を割られて金品が奪われる。迷宮入りかと思われた事件もあっけなく二人の犯人が判明し、その二人は分け前を争って共に死んでしまう。新聞にも大きく報じられて事件は解決したが、チャウの娘スクツァンは信じない。こんな単純なものでは無い、裏に何かあると本能的に感じたスクツァンはポンに捜査を依頼する。自分の旦那に頼めよと断るポンは、それでも必死に頼み込む彼女を断り切れない・・・。

   ポンの捜査で浮かび上がって来るボスの過去。友情と疑惑の狭間に揺れるポンの心情。主役はむしろレオンではなく金城で、役に応えて確かな演技で悩める男を演じる。今までノホホンとしたロマンスのハンサム主人公役が多かった金城武の脱皮した芝居だ。綿密に推理、調査、チェックし、絶えず酒に溺れながらも真相探求という刑事本能は忘れずに事件の核心に迫って行く。ポンの推理して行く展開が映画を引っ張る。

   これだけのストーリーをオリジナルで考え出す脚本チームに拍手を送りたい。ラウとマックの共同監督はフィルム・ノワールの画面に香港の華やかな夜景を配し、繁華街の雑踏の中でカメラを移動させて二人の男を追う。彼らに絡む二人の女性。酒場のキャンペーン・ガール、台湾のスー・チーは可愛いし、シュー・ジンレイの、夫を疑い始める悩める妻役も確かな演技だ。ハリウッドで既にリメイクが決定したという。「インファナル・アフェア」同様のヒット作になるのは間違いない。

恵介
オススメ度: ★★★★☆
傷だらけの男たち(CONFESSION OF PAIN)
2006年香港映画、エイベックス・エンタテインメント、1時間51分、2007年7月7日公開
監督:アンドリュー・ラウ / アラン・マック
脚本:フェリックス・チョン / アラン・マック
出演:トニー・レオン / 金城武
公式サイト:http://drywhisky.com/index.html
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中