2020年 8月 5日 (水)

マイルス・デイビスは「ミーハー帝王」だった(ETV特集)

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   ジャズの帝王――1940年代から90年代前半まで、半世紀に渡ってジャズの最先端であり続けた男、マイルス・デイビスの愛称だ。しかし、マイルスのジャズは「黒人文化」としてのジャズとはかなり趣が異なる。

   マイルスは、ビバップに始まり、ハードバップ、モード、エレクトロニック、フュージョンと、次々にスタイルを変えていった。そして、フランク・シナトラ、ジミ・ヘンドリックス、マイケル・ジャクソンといった時代を象徴するスターたちと、ジャンルを超えて影響しあった。自らのスタイルに彼らの要素を溶解させることで、変化し続けたのだ。

   「マイルスは、最後までスターになりたかった永遠のガキ。いわば“ミーハー帝王”だ」

   そう語るのは、番組ナビゲーターを務める菊地成孔(なるよし)。サックス奏者であると同時に、気鋭の「マイルス評論家」でもある。マイルス・デイビスの人間像・音楽観を読み解いていく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中