2018年 5月 22日 (火)

「保険会社は儲けだけで引受けるな」

印刷

   栃木県さくら市の会社社長が自分の事務所に保険金目当てで放火(を指示)したとして逮捕された事件は、相次いで死亡した容疑者の妻と二男(当時7歳)に高額の保険金がかけられていたことで、ワイドショーのメインディッシュとなりつつある。

   スーパーモーニングも先週に続いて報道したが、社長周辺の証言が若干増強された程度で、あまり目新しい点はなかった。しかし、この件でコメントした橋下徹弁護士の発言には充分に意外性があったと言えるだろう。

   「子供に多額の保険金をかける理由をきちんと確かめないと。保険会社は儲けだけで引き受けちゃ駄目ですよ」。橋下は正義感をこめて主張する。

   つい一週間前には、コムスン問題で山口一臣・週刊朝日編集長と対立、コムスンの企業モラル欠如を指摘した山口に「企業は金儲けのためにやってる。モラルなんて理想論」と皮肉に吐き捨てていたはずなのだが…。保険会社は企業ではないのだろうか。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中