「あの強さ・・・自然のものを食べてる?」

印刷

   宮崎県都城市の田鍋友時さん111歳が、男性の世界最高齢者としてギネスブックに認定された。女性ではすでに、福岡県福智町の皆川ヨ子(ね)さん114歳が認定されており、長寿世界一は男女とも日本人になった。

   これまで世界一だったプエルトリコの男性115歳が亡くなったためだそうだが、田鍋さんは1895年(明治28年)9月18日生まれ。ベーブ・ルースと同い年だというから、やっぱり驚く。子ども8人、孫25人、曾孫51人、玄孫3人。

   毎朝5時に起き、メガネなしで新聞を読み、食事は3食かならず。好物は、あさりのみそ汁とエビフライ、おやつには牛乳だそうだ。日記をつけていて、睡眠は16時間。

   昨日認定書を持って訪れた都城市長にも、きちんと立って挨拶するなどかくしゃくたるもの。「皆さまのおかげで生きております」。あと何年くらい生きるつもり?と聞かれると、「死にたくはないわな」

   テリー伊藤は「認定書のときジャケットを着てたでしょ。あの強さ。最近はサプリメントとかあるけど、自然のものを食べてるんじゃないの」と。

   加藤浩次が「男女とも世界一」というのに、香山リカは「食べ物とストレスが少ないというのがあるのでは」。

   宮崎哲弥は「日記を付けるのがいいかも。脳を明晰に保つ。私はだめですけどね」

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中