2018年 7月 19日 (木)

「犠牲者が出ているのに、皆が口をふさいでいて・・・」

印刷

   6人が死傷した東京・渋谷の温泉施設爆発事故。施設を経営する会社、管理運営する会社、点検を委託された会社とその下請けなど、関係する会社がようやく明らかになった。ところが、いずれも責任回避に終始した。

   これには小倉もムカッときたのか「犠牲者が出ているのに、皆が口をふさいでいては納得がいかない」と怒った。

   特にあいまいけしからんのは、事故を起こした施設を経営している「ユニマット」と管理運営会社の「ユニマットビューティーアンドスパ」。ユニマットは「管理運営会社に任せてある」と、昨日の記者会見に社長は欠席。管理運営会社は「お湯のチェックはしているが、ガスの管理までは任されていない」。

   亡くなった千財明菜さん(23)の父親、伸行さんが「会社は電話1本かけてこない。人間の心が通っていない」と、怒りあらわなのもわかる。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中