2018年 7月 23日 (月)

「世界が終わる。冗談じゃぁないよ」

印刷

   みのが「みなさん、これを見てくださいよ」とシールをペロっとはがす。こんな文字が現れた。<2060年に世界は終わる>

   「ニュートンがいったんだとさ。冗談じゃぁないよ。たまりませんよ」――

   「早ければ2060年には世界の終末がくる」・・・これはAP通信が発信した記事で、ニホンの共同通信が中継翻訳して各メディアに配信した。

   <英国の数学・物理学者のニュートンが旧約聖書を解読した上でこんな予言を文書に残していた>
<1700年代に書かれた文書は、ニュートンが旧約聖書のなかの暗号めいた表現から"2060年"を割り出して――世界の終わりがくるかもしれない>

   終末まであと53年。みのはテレビメデイアの漫談家。自分の雑知識をフル回転させてしゃべりまくる。

   「ニュートンといえば誰?えーあの万有引力を発見した・・・ウイリアムテルの友だち?大変だよ。たまんないねぇ。いまのうちにノアの箱舟でも作っておかなきゃ、ねぇ。酒も飲めるうちに飲んでおこう」

   朝ズバッ!はこんな薄くて軽い「みの節」で主婦層に支持されているようです。

   スタジオには「ダ・ヴィンチ・コード」の解説もしている"博物学者"の荒俣宏がいた。番組では「ニュートンが多彩な学者であった」とする発言のみ。予言を解説する前に時間切れ・・・冗談じゃないよ。

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中